風髑髏見てきたよ!!の感想

9/17のソワレ見てきました。
感想を残すか悩んだのですが、鳥髑髏を初日〜楽まで追って、そのあいだになにが変わったのかとかどういうところが進化して、こういうところが変化して…みたいな話をよいのもわるいのもどんどん忘れていったので、(自分にとっての)よいもわるいも残しておくことにしました。
 
当たり前ですがめっちゃネタバレ有りなので未見の方にはオススメしないです!!!
 
 
 
 **
 
 
 
髑髏城の七人風っていうかけものフレンズ。髑髏城フレンズ。ウェルカムトゥようこそドクロパーク。色彩めっちゃ暗いけど。髑髏城の七人鳥はけだものフレンズって感じだったけど今回はけものフレンズって感じでしたね。ほんとどうぶつ奇想天外状態だったしこれ髑髏城の七人狸に改名したほうがよくない!!!!!!???みたいなみたいな。
 
作りとしては一人二役の復帰なんですけど、「ウワッ!!!!アカ!!1997!!アオ!!…ワカ!!!!???」って気持ちがめっちゃ忙しくなるのでドクロジョーオタクは心臓3つぐらい持っておいたほうがいいと思いました。とりあえず普通に髑髏城見るようの心臓と過去髑髏に抉られるようの心臓と予備用のやつ。順番にパーンパーンパーンッ!ってなってステアラ荒野で死ぬから気をつけたほうがいいので持っていってね。約束だよ!
 
全体的に衣装・舞台・音楽など、おどろおどろしさを感じるほど無骨。アカでもこんなに暗くなかった気がする。時々「蜉蝣峠だったっけこれ」と思うレベルで色彩が暗かった……。アカの無骨さにワカのソリッドさをぶっこんでダバーッと豊洲に垂れ流したら風になるかな。
 
お芝居の味付けとしてはやっぱりアカに近いのかなーと思いました。
やっぱり花鳥って、ワカをやった上で得た新しい髑髏城、の路線を貫いてたと思うので、ここでいったん2004年代の髑髏城に引き戻されるって感じですね。でも、ところどころ「それでもこれは今やってる髑髏城なんですよ」といういのうえひでのり中島かずき神の意志を強く感じる部分もあり、回帰というよりも私は橋渡しの髑髏城に思えました。初演〜アカアオまでと、ワカ〜鳥の間にどことなく存在している(と私が感じているだけかもしれない)断絶の橋渡しのような、ミックス髑髏城というかー……。いろんな要素を壊して崩して打ち直して組み合わせて、そうして出来上がったものに新しい風という味付けをしたスクラップ&ビルド感。原点回帰というのも、集大成というのもなにか違うし、私としては「めっちゃ挑戦的だなぁ……」って気持ちで観ちゃってた。個人的には鳥よりも挑戦しまくってると思います。一人二役といえばあのオチ!っていうアレが覆されたのはびっくりしたし気持ちよかった。そうかぁ、これ、新しい髑髏城なんだな〜と。
 
一人二役の醍醐味として、早変わりであるとか、「えーーっ!すげーー!」と思うようなギミックも盛り込まれており、そういう意味ではより歌舞伎的かも。あそこ…あの、あそこ、みんな「えっ」て思いましたよね!?わたしは全然気づかなかったのでええーっ!って思ったし、天魔死に際のアレも「ええーーーーっそういうことしちゃうんだーーーっ」ってビビった。いのうえひでのりの手のひらでコロッコロされるのた〜〜のし〜〜〜!!!
 
ここからは一人ひとりへの感想です
 
■捨之介
はーーー どうなるんだ?と思っていたんですけど思った以上に前世(蒼の乱)からいらっしゃった感じだった。だいぶ松ケンのお芝居によったタイプの捨之介になっててよかったと思います。
鳥捨がめっちゃ好きなこと…は…真実なんですが…一方であの黒装束をいっぱい見たあとに白着流しふんどし太もも大サービス捨見ちゃうとうんうんうん!!うんうん!!!(脳汁ダバー)みたいになりますね。あと今回アクションおもしろい。身のこなしがひょひょいとしててあーースッパならたしかにこのぐらいできるできるって思える。(忍設定今回あったか忘れたけど…)
太ももサービスほんと激しくて戸惑った。一回百円ぐらい取ったほうがよくない?ロビーのマツケン人形の背中あたりに穴あけて募金箱にしたら最終日までにはいっぱいになって貧しい土地(市場前)に学校が建てられると思う。学校はいいのでコンビニ作ってくれ〜。
これまでの捨之介って「地の男」って言われても、こんな華やかな男が地に潜っても大目立ちでしょ……花捨とか草原歩いてたって赤絨毯が見えるし…って思ってたので、今回の捨之介がふわふわ喋りのちょっと抜けたとこある天然ぽい捨なのおもしろいですね。デカい…けど、地に潜っていたと言われても納得できる。デカい…けど。
女たらし復活なのかな〜とか思ってたけど、後半につれてあんまりそういうアピールもなくなり、助平感は全然なかったので玉転がしではないかなと思いました。女とか戦場より……草原が似合うよ。そりゃ蒼真も「お前の生きる草原を守りたい」って思っちゃうよな〜〜〜あっこれ髑髏城の七人でしたね。
正直なところまだ方向性自体は定まりきってない印象を受けましたが、とにかく純朴で心優しい捨な気がしました。鳥が「忍」に極振りした捨だとすると、風は「地の男」という人間にシフトしてたかも。天魔と一人二役だからなおそう思ったのかもしれませんね。
 
■天魔王
ウオーーー!あんまり仮面とらない天魔王だーー!!!!
一人二役髑髏城をこの目で見るのははじめてゆえ、二幕で仮面を取ったら松ケンの顔が出てくるところアドレナリンが出ました。すごーーい!!ほんとに一人二役だ!!って感じ。
最近人外みたいなビジュアルの天魔ばっか魅せられてきたので、普通に人間というか信長…だ…って感じの天魔が出てきたのはビックリです。なるほどね、そりゃビジュアル出さないわ。
久々に正当な、狂気とは違った「怖い」を感じさせてくれる天魔王…天魔王様…天魔王様!!を見せていただいた。小物感もなく、どっしりと構えた圧倒的ヒールの天魔王様。カリスマですよカリスマ。ちゃんと日本語喋るしすごい。
やっぱり松ケンがデカいので、デカい天魔が強そうな鎧でばしゃばしゃ人を斬ってると「こっわ……」と感じますね……。天魔王は絶対的悪役で悪いヤツだったという、髑髏城を繰り返し見てると忘れがちなことを思い出させてくれる。あんなん絶対相手にしたくない……信長の顔知らなくてもあんなやつ見たくない…怪獣じゃん…。
正直あんまり細やかな表情とかまで見れなかったので、次はもっと天魔王という人間を見たいですね。やっぱどうしても捨を見ちゃうので……。
 
■蘭兵衛
フレンズのお蘭ちゃん!!!!!!!!!!!!!!!!
ワカ蘭か?ってぐらい尖ったナイフの如し冷徹ぶりだったんですけど、その割に細かい動きがちょこちょこしてたりしてて可愛かったのでフフッwwとなってしまうし、激チョロだったのでもっとフフッwwとなってしまう。舞台の上のかわいい子猫ちゃん枠だった。
しかし黄泉の笛で歩いてるだけで敵が飛んできて剣に刺さるのはどういうこと…!?やっぱり顔が小さいから!?って焦りました。キッスも二回あったし…顔が小さいから二回ぐらいやらないと夢見酒一発okの自信なかったのかな?みたいな…いやホント顔小さいヤバい…オペラで見ても表情よくわからなかったもん(?)
冗談さておき、口移し二回あったのビビったんですけど、今回「織田信長」を強調した天魔王だったからなんだろうなぁ。最初のキッスで心を奪い二度目のキッス(夢見酒)で完全に奪う肌に無理なく深剃りがきく……。愛する人と同じ顔をした男にはもう全然まったく抗えないんだなと思いました。
 
今回の蘭史上最強に心閉じてるな…いやワカと同じぐらいかな…瞬間湯沸し器のワカvsテンションの心肺がずっと停止してる風って感じ。そのくせ極楽のこと抱きしめるの最高に最低でしたね。絶対愛してないじゃんっていう。なんならこの蘭、雑賀の女たちを抱え込んだ理由は「彼女たちが戦力になる」だったからかもしれないよねっていうレベル。信長以外への誰にも、未練も愛も持ってないので落ちる気もマンマンじゃ〜〜ん!!
でもそんな蘭でも髑髏党入ったらイメチェンがんばって眉毛剃ったりしちゃうんだなって思うとかわいい。完全に一部のシーン見てるあいだ、動物がかわいい動画見てるような気持ちだった。ふふ…懐かしいなこの隙ある感じ…(アオ)っていう……。本人は自分の掲載誌ヤングマガジンだと思ってるかもしれないけど!ねこのきもちに掲載されてますよ!
 
あっビジュアル。ビジュアルはもうやっぱすご〜い。は〜すご…顔ちっちゃ…スタイル良…を噛み締めてしまった。お衣装最高〜〜〜〜!!!!!最近ちょっと強そうな蘭(わたしとしては鳥蘭のこともだいぶゴリラだとおもっています)が続いていたので、久々に儚げな蘭が出てきてそうそうそうそう実はそうだった!!って心のなかで膝を打っちゃいましたよ。
 
■沙霧
かつてなく「女」でちょっとビックリした。
捨のことめっちゃ好きそうでかわいい。私としては少年のような沙霧大好きなので、今回のちょっと恋の駆け引きとか知ってそうな沙霧は、沙霧の親戚の立場からすると寂しいんだけど、でも捨がぽわわんとしてるのでちょうどいいかな!
けっこう動ける沙霧だった!!!今回は一人二役で沙霧の担う役割も変わってくるし、後半がすごく楽しみです。要所要所うぉっ…と思う点があったので楽しみ。
 
■極楽
うわっこれまた懐かしい路線の太夫だ…と感動しちゃった。
自分としてはかなり良かった!し、もっと良くなりそうと感じた太夫でした。
ただあの路線でいくなら、全体的に衣装もっとかわいい系でもよくない?とかは思っちゃう。かわいいんですわ今回の太夫。そりゃライトふりたくなるよね、っていう笑
あと、ちゃきちゃきしてる極楽が蘭みたいな男に引っかかっちゃうのか〜!?っていうの世知辛い。全体的に生命力強かったから最後死のうとするかな!?とか、最近の極楽要素と過去極楽要素が混じりあうことによってわりと混乱しちゃう気がしました。
 
■兵庫
山内さんの兵庫ってどうなるんだ!?と思ってたら、想定以上に山内さんの兵庫がでてきた。
今回の風、周りの熱量がわりと低めなので、そのなかで兵庫までスンとクール系になってしまうとちょっとのっかれないような気もします。でもクールバカの兵庫っていうのはやり遂げたら絶対おもしろいからここからどうなるか楽しみ!
くんろ日替わりにするみたいだけどネタ持つのかな!?笑
 
■鴈鉄斎
橋本じゅんオンステージ始まったって感じ。
ツッコミ不在でややしんどそうだったけど、じゅんさんがいつもどおり???で??なによりです。風見終わったひと絶対一定数は蕎麦食べたでしょ。食べたくなるわ、蕎麦。ずるいわ。あの百人斬り。
あとさぁ……黒魔鬼はずるい。
 
■三五
正直言っていいですか!!!??喋った時めっちゃほっとしたwwww
今回三五ちゃんが喋るともうそれだけでほっとしたし、花と同じ役をやりつつ、また違う役だったのでウオ〜三五ちゃんやっぱり好きだ〜〜;;;という気持ちになりました。狸駆使しすぎなんだよなぁ。
 
 
 
以下はあんまりよくない感じの感想となってしまうので、読みたいかただけドウゾという感じです。
でも初見の方にはあんまり先入観を持たずに見てほしいので、もしまだ風見てないけどこれ読んでるよって人いたら、見終えてご自身なりの「良かった悪かった」を体感したのちに読んでいただけると、私としても嬉しいです!これ、髑髏城の七人風見ないでねの文章ではないので。。
 
 
 *
 
 
結論からいうと「やりたいことはわかる」に現状は尽きるという感じ……。順番もよろしくないというか、花でおいしい月見うどん食べさせてもらって、そのあと鳥で天ぷらマシマシのうどん(天ぷら多すぎて麺まで食べられなかった)いっぱい食べて、風ですっと素うどんが出てきた感じ。いや……わかる…出汁で勝負…秘伝の出汁でね……おいしいよね素うどん…そうなんだよ素うどんはおいしいはずなんだけど…いかんせんまだ出汁が出きっていないのでひたすら地味に感じてしまうところがもったいない…。
 
まだあけたばっかりだししょうがないんだけど、役者さんにクールな人が多いのか、いまいちボルテージが上がる様が確認できなくて、生で見たはずなのにゲキシネで見た気分だった。とはいえ表情アップとかないので定点カメラの映像ってほうが正しいんですけどね。髑髏城見てるとグワーーッとお芝居の拳に頬を殴られた気持ちになるんですが、今回は割とさらさらっと流れてしまって、あれ…そういう意味で風…?か…?これが正しい気持ち…?と不安になったり……。
 
むかいり蘭……が動けないのはもうしょうがない!別に蘭って動くキャラでもなかったしね!って思うんですけど、じゃあ天魔に「ヒリヒリした命のやりとりがうんぬん」言わせちゃだめじゃない!?とか、蘭この立ち位置なら二番手じゃなくてもいいよね!?みたいな、蘭に対する消化不良が残ってしまう……カテコ曲が蘭である必要性をまったく感じなかったんですよね……いやだって別に…どの役者がどういう風にやろうと蘭って主役でもなけりゃ敵役でもない永遠の三番手(これでも番手めっちゃあがってる)だと思うしなぁ〜。
風はこの「蘭の置き所」に困ってる感が一番しんどかったかもしれない。役者が悪いといいたいわけではなく、そもそものコンセプト……?この路線ならもはや女蘭でもよかったのでは?と思わなくもないところがある……。
 
次の登城までは間が空きそうで、早くてライビュになるかもなのでそれまではみなさんのレポを拝見しつつ、楽しみに待ちたいです。でもこれ、ホントやり遂げたらすごい髑髏城になると思うし、私の大好きな髑髏城になってしまうと思う!そうなると今度はチケットのために財布捨之介でしんどいんですけどね……。